メインイメージ画像

ペットの匂いが気になる方はこまめなケアや糞尿の掃除を心掛ける

様々な住環境がある中、ペットを飼われている方で、ペットの匂いに配慮している方も、多いのではないでしょうか。ペットを飼っている家の独自な匂いとしては、ペットそのものが発する体臭や動物臭、糞尿、フードの匂い等があります。人間も体臭をゼロにはできないように、これらの匂いをなくすことはできません。

それでも、これらの匂いをかなり小さなレベルに抑えることは可能です。例を挙げると、こまめに動物用のシャンプーで体を洗ったり、洗うことを嫌がったとしても、身体を専用のシーツで拭き取ったりすることによって、体臭は大なり小なり抑えられます。

日常食べているフードを変えることでも、体臭や糞尿の匂いを抑えることができます。

あとは、こまめな掃除が効果的です。何よりもトイレを頻繁に掃除して、糞の残った状態を長くしないこと、ペットが歩き回る床掃除も丁寧にして、空気の入れ替えをこまめにすることです。また、猫特有の事として、オス猫は、自分の領域をアピールするためにスプレー行為をしますが、これについては去勢をすることで、その頻度を大きく下げることができます。どうしても治まらない時でも、尿のかかった布製品などを洗濯したり、使い捨てのものを増やしたりすることで対処できます。



これら以外の匂い対処法としては、消臭剤の利用などが思い浮かびます。ですが、ペット向けのものとして、消臭剤を選ぶ時には、色々な面で検討することが必要です。まず、セイフティであることです。消臭剤に使用されている成分で、人には毒性がなくても、ペットに影響のあるものがあります。体への被害とまでいわなくても、その消臭剤が発する匂いそのものをペットが嫌うこともあります。

香りで誤魔化すものよりは、匂いを消す効果のある無香、微香のものが効果的でしょう。また、構造的に、ペットが誤飲や誤食しないつくりのものがベターでしょう。ペットは、予想しない動きや行動をします。消臭剤をペットが自ら食べようとすることは稀かもしれませんが、何かの拍子でひっくり返ってしまって、自分の身体に付き、舐めたりすることは考えられるのです。このような面における安全が考慮されているものを、考えて選ぶとよいでしょう。